PGCコイン、仮想通貨取引所「コインワールド」に上場を確定か!

仮想通貨

PGC(フィリピングローバルコイン)が仮想通貨取引所「コインワールド」に上場が確定という記事を発見しました。
韓国ではかなり盛り上がっていますね。

掲載内容

PGC(PHILIPPINE GLOBAL COIN)が米中の4カ国が提携して運営されている仮想通貨取引所「コインワールド」に上場を確定した。

PGC(PHILIPPINE GLOBAL COIN)は、イーサネットリウムの長所だけを生かしたシステムコインで、日本の技術陣とフィリピンのJAPHIL GLOBAL COINS CORPが開発し、日本、韓国、フィリピン、香港を中心に全世界で使用可能なグローバルコインである。

今回コインワールド上場を確定著により、PGCは現在上場しているコインコーズ取引所と4月中にオープン予定のビットジェット取引所に続き、コインワールドまで国内に計3カ所取引所にコインを上場させる気炎を吐いた。

今回、上場することになるコインワールド取引所は、米国ナスダック上場企業と日本、中国、韓国の資金の合弁で設立された仮想通貨取引所で、今年の10カ国以上に取引所現地化を目指している。

関係者によると、コインワールドは証券取引所のセキュリティレベルに準ずる安定性を備えて、国内外の可能性を持つアルトコインを発掘して、消費者が多様に選択できるように、アルトコインの発展に良い影響を与えるという計画である。

PGCの関係者は、今回のコインワールド上場と関連して、「私たちは、安定した、安全確実な国内の取引所と日本と香港の有名な所にPGCをあまねく上場させる予定である。」とし「4カ国が合資して作成された取引所であるから、グローバルな流通を目指す私たちのコインともよく符合するので、期待が大きい。」と明らかにした。

PGC(PHILIPPINE GLOBAL COIN)は、3月にフリーセールを終え、4月にビットジェット取引所とコインワールド取引所をはじめと9月には香港、来年上半期には、フィリピンに順番に上場される予定である。

一方、米中​​の4カ国の合資投資に誕生したコインワールドは、国内仮想通貨市場規模に比べて取引所のセキュリティとシステムが遅れているという問題点を指摘し、セキュリティの3大要素である機密性、完全性、可用性の原則を遵守して、消費者の満足度を最大に引き上げる方針だ。現在正式オープンもしていないにも関わらず、各国で取引所の新規開設問い合わせ競争力のあるパスワードの通貨の上場問い合わせが殺到しており、二重玉石を覆う作業をしていることが知られている。

http://m.fntoday.co.kr/news/articleView.html?idxno=160791からグーグル翻訳を使い引用